ソフトテニスにおける後衛の動き_基本編

ソフトテニスにおける後衛の動き_基本編

今回はソフトテニスにおける後衛の動きの基本を紹介します。
後衛の基本的な役割は「相手の後衛とラリーをして前衛が決めるためのチャンスを作る」です。
そのため、後衛は守りつつ(ラリーをする)攻めなければ(チャンスを作る)いけません。
こうしてみると、おいしいところは前衛に譲るという損な役回りに見えますが、後衛はいわゆるゲームメーカーです。
司令塔としてゲームを組み立てることができます。とてもおもしろい役割です。
後衛がうまく試合を組み立てることで、どんな相手にも勝つことができるでしょう。

後衛の基本の動き

後衛の動きは自分の前衛の位置によって変わります。

後衛は前衛が守りきれないと思うところをすべてカバーする必要があります。

ラリー中は、対戦相手の前衛がボレーに出てくることを常に注意しておいて、いつでも拾いに行けるように構えている必要があります。

後衛1

ラリーをする際の意識の持ち方

後衛がラリーをするときは対戦相手の前衛に注意しなければいけません。

前衛にボレーをされないような球を打つ必要があります。後衛3

また、後衛は自分の前衛にチャンスボールを作らなければいけません。

この方法はいろいろあります。

・速い球を打つ
・相手の苦手な位置に打つ(バックハンドを打たせる等)
・相手を動かし疲れさせる

テニスで一番大事なことは相手の裏をかくことです。

どんなに実力のある人でも裏をかかれた場合対応できません。

(本当に強い人は、裏をかかれないようにあらゆる場面を想定してかまえています)

なので、速い球をひたすら打つよりもいろいろな球種をランダムで打った方が効果的です。

ロブを続けていて、急に速い球を打つことで、対戦相手はボールをより速く感じます。

また、速いボールが打てない人はロブを練習するといいでしょう。

ロブといえば守りのイメージが強いかもしれませんがロブだけでも十分攻めることができます。

ロブを正確にコントロールできるようになれば、速い球よりも強力な武器になります。

相手の前衛がギリギリ届かない高さにロブを打つことができれば、相手の後衛を走らせることができます。

それを続けることで、体力を消耗させられます。

そのほかにも後衛はいろいろな戦略を考えられます。

自分の得意な球を手に入れて、その球を中心に戦略を立てていくといいでしょう。

前衛の動きも頭に入れておくと戦略を立てやすいです⇒ソフトテニスにおける前衛の動き_基本編

後衛なら読んでおきたいそのほかの記事はこちら


おすすめソフトテニス本&DVD

学生のためのソフトテニス上達DVD

 

おススメのDVD付きソフトテニス本

無名校を全国優勝まで導いた指導方法

CTA-IMAGE 野口氏はテニスコートすらない中学校でソフトテニス部を作り、数年後に全国大会優勝まで導いた指導者です。 監督として、 「全国中学大会 優勝」 「インターハイ 優勝」 「全日本シングルス 3位」 などの素晴らしい実績を持つ野口英一さんがソフトテニスで勝つための秘訣をDVD3枚で解説しています。 そして、DVD購入から6カ月間は野口先生に直接メールで質問・相談ができます!!全国制覇をしている監督に指導をしてもらえるチャンスです。 本当に強くなりたいなら、他のどの書籍よりも役に立つDVDになっています。

後衛カテゴリの最新記事