中学校の部活からソフトテニスを始めるなら知っておきたいこと

中学校の部活からソフトテニスを始めるなら知っておきたいこと

中学生になってソフトテニス部に入る人のほとんどは未経験者でしょう。

たまに経験者もいますが、かなり稀なことです。

今回は、中学校の部活でソフトテニスを始める人に知っておいてほしいことを紹介します。

知っておいてほしいこと「フットフォルト」

フットフォルトは存在が薄いので初心者の人は知らない人が多いでしょう。

知っていても存在を忘れている人が多いと思います。

フットフォルトとはサーブを打つ時にコート内に体が触れていてはいけないというルールです。

つまり、サーブを打ち終わるまでは、コート内には入れない。ラインを踏んでもいけない。ということです。

サーブを打つ瞬間にコート上空にいるのはOKです。つまり、コート内にジャンプしてサーブを打つのはありです。

フットフォルト

これは審判が見ているはずなのですが、大体見逃されています。

さすがにプロではしっかりチェックされていますが、アマチュアの場合フットフォルトは見て見ぬふりです。

結構フットフォルトをやっている人はいます。

私は一度だけフットフォルトを取られるのを見たことがあります。

それは、中学のときの地区新人大会団体戦の決勝でのことでした。

中学1年の団体戦で、1チームダブルス3ペアの試合でした。

フットフォルトを取られたのは私のチームのペアの一つでした。

私のペアは勝ち、もう一つのペアは負け、1勝1敗の状態で優勝は最後のペアにかかっていました。

そんな中でフットフォルトを取られました。指摘したのは相手チームの監督です。

フットフォルトは癖のようなもので、本人も気づかないうちにやっています。

そのため、指摘されるまではずっとフットフォルトだったのでしょう。

しかし、相手の監督は大事なところで指摘してきました。

おそらくそれまでは「まだ言わないでおこう」と温存していたのだと思います。

結局その試合は負けて準優勝になりました。

負けた理由はなんなのかわかりません。フットフォルトも一因かもしれません。

フットフォルトに気付けなかったこっちも悪いのですが、やっぱりなにか悔しいです。

こういう悔しい思いをしたくないならフットフォルトは知っておくべきです。

そして、フットフォルトはくせになるのでサーブの練習を始めたばかりのころは特に注意しましょう。

この時点で、フットフォルトのサーブを覚えてしまうと、あとからなおすのが大変です。

オーバーヘッドサーブ(上からサーブ)を打つ場合は自分の足元は見えません。

動画で撮影して確認したり、周りの人に自分のサーブを見てもらって確認するといいでしょう。

 icon-hand-o-right  学生のためのソフトテニス上達DVD

無名校を全国優勝まで導いた指導方法

CTA-IMAGE 野口氏はテニスコートすらない中学校でソフトテニス部を作り、数年後に全国大会優勝まで導いた指導者です。 監督として、 「全国中学大会 優勝」 「インターハイ 優勝」 「全日本シングルス 3位」 などの素晴らしい実績を持つ野口英一さんがソフトテニスで勝つための秘訣をDVD3枚で解説しています。 そして、DVD購入から6カ月間は野口先生に直接メールで質問・相談ができます!!全国制覇をしている監督に指導をしてもらえるチャンスです。 本当に強くなりたいなら、他のどの書籍よりも役に立つDVDになっています。

基本の動きカテゴリの最新記事