ソフトテニス初心者のための前衛と後衛の決め方

ソフトテニス初心者のための前衛と後衛の決め方

ソフトテニスを始めた初期の段階で決めることがあります。

それは、前衛をやるか後衛をやるかということです。

ソフトテニスでは前衛と後衛別れて練習することが多いです。

それはそれぞれのプレー内容がかなり違うからです。

ソフトテニスを始めて間もないころに決める選択なので、よくわからない人も多いと思います。

そこで、このページでは初心者の人のために前衛と後衛の決め方を紹介します。

そもそも前衛と後衛とはなにか?

まずは、そもそも前衛と後衛とはなにかについて簡単に説明しておきます。

ソフトテニスのダブルスにおける基本的なフォーメーションは、下図のように一人は前衛、一人は後衛になります。

前衛後衛ポジション

これは攻めと守りのバランスがちょうどいいフォーメーションになります。

後衛はベースライン付近でラリーをすることが主な役割になります。

後衛にとって主に必要な技術はストローク力になります。

前衛はネット付近にポジショニングし、チャンスがきたら決めに行くことが主な役割です。

前衛にとって主に必要な技術はボレー・スマッシュになります。

このように前衛と後衛では主に必要な技術が違うため、練習内容もそれぞれ違ってきます。

どうやって決めるか?

それではどうやって前衛と後衛を決めるのでしょうか?

それは、自分のやりたい方をやればいいと思います。

前衛、後衛それぞれの役割を理解したうえで、やりたい方を選ぶといいです。

ちなみにそれぞれの特徴は以下のような感じです。

後衛:

主に相手の後衛とラリーを行う。

ゲームの組み立てを行ったり、時には相手の前衛のサイドを抜いてポイントを取ったりします。

ゲームを組み立てる頭脳と長いラリーを続ける耐久力・体力があるといいです。

前衛:

チャンスボールを狙ってポイントを取りにいきます。

チャンスボールだけではなく、ラリー中に自分からボレーをしに出ていくポーチを行ったりします。

速いボールに対してボレーに出ていく決断力・動体視力・反射神経と相手の打つ方向を読む力があるといいです。

簡単にいうとこんな感じです。

まとめ

もちろん後衛が前衛のポジションでプレーしてはいけないなどのルールはありません。

その逆も同じです。

なので、そこまで真剣に悩まずに、自分がやりたいと思う方を選ぶといいでしょう。

練習をしていく中で自分は前衛より後衛の方が向いている!と思ったら後から変えるのもありです。

試合中に、二人とも前衛に出たり、二人とも後衛になったりするのもありです。

ただし、その場合は事前にペアと相談をしておきましょう。でないと、相方がびっくりします。

こちらのDVDなどをみるとより具体的に前衛・後衛をイメージできると思います。

DVDブック これで完ぺき!ソフトテニス

どうしても悩むときは参考に見てみるといいでしょう。

後衛なら読んでおきたいそのほかの記事はこちら


前衛なら読んでおきたいそのほかの記事はこちら

無名校を全国優勝まで導いた指導方法

CTA-IMAGE 野口氏はテニスコートすらない中学校でソフトテニス部を作り、数年後に全国大会優勝まで導いた指導者です。 監督として、 「全国中学大会 優勝」 「インターハイ 優勝」 「全日本シングルス 3位」 などの素晴らしい実績を持つ野口英一さんがソフトテニスで勝つための秘訣をDVD3枚で解説しています。 DVD購入から6カ月間はメールでサポートもしてもらえます。(ソフトテニスに関することならなんでも相談可能) 本当に強くなりたいなら、他のどの書籍よりも役に立つDVDになっています。

基本の動きカテゴリの最新記事