ソフトテニス前衛のスマッシュの基本の打ち方

ソフトテニス前衛のスマッシュの基本の打ち方

ソフトテニスの前衛の役割の3分の1はスマッシュです。

また、スマッシュは確実に決めたいショットでもあります。

相手にうまく返されてしまうのは仕方ないですが、スマッシュでミスをして相手のポイントになるということだけは避けなければなりません。

スマッシュのミスは精神的ダメージが大きいです。

そして、そのダメージは打った本人だけでなく味方の後衛にもあります。

そんなスマッシュでミスをしないためにも基本的な打ち方をマスターしましょう。

グリップの握り方

まずはグリップの握り方です。

これはイースタングリップを使います。

イースタングリップとは下図のような握り方です。いわゆる包丁握りですね。

イースタングリップ

違う握り方でスマッシュを打っている人は一度試してみてください。

回転のかけやすさ、威力、コントロール、いろいろなものが向上すると思います。

基本の構え方

次に構え方の確認です。

スマッシュを打つ時は左手(右利きの場合)も大切です。

左手でボールをキャッチするようなイメージで、頭の上にかかげます。

そして、軽くひざを曲げて、ラケットをかつぐようなイメージで構えます。

この時、体は横向きです。

sugiyama_smash_02_0309

これらの基本を守れば簡単にスマッシュが打てます。

打点に素早く入る

スマッシュではボールの軌道をよんで、素早く自分の打点に入ることも大切です。

最初のうちはボールの軌道がなかなかよめずに苦労するかもしれませんが、練習を重ねるうちに慣れてくるので大丈夫です。

素早く打点に入り、すぐにかまえましょう。

スピードよりもコントロール重視

最後に注意したいのが、スマッシュはスピードよりもコントロール重視だということです。

スマッシュはネット際の高い打点で打つので、いろいろなコースに打てます。

そのため、そんなに速いボールじゃなくてもポイントを取ることができます。

大事なのはコントロールです。相手が返せないコースにボールを打ちましょう。

狙うべき場所は、後衛と前衛の間のスペース、前衛のひざなどです。

狙うべきコース

まとめ

以上の基本を守ればスマッシュでミスをすることはめったにないでしょう。

また、応用として下がった位置でのスマッシュの打ち方も紹介しています。

前衛なら読んでおきたいそのほかの記事はこちら

 

そのほかのソフトテニス初心者におすすめの練習メニューはこちら

 

おすすめのソフトテニス本&DVD

無名校を全国優勝まで導いた指導方法

CTA-IMAGE 野口氏はテニスコートすらない中学校でソフトテニス部を作り、数年後に全国大会優勝まで導いた指導者です。 監督として、 「全国中学大会 優勝」 「インターハイ 優勝」 「全日本シングルス 3位」 などの素晴らしい実績を持つ野口英一さんがソフトテニスで勝つための秘訣をDVD3枚で解説しています。 そして、DVD購入から6カ月間は野口先生に直接メールで質問・相談ができます!!全国制覇をしている監督に指導をしてもらえるチャンスです。 本当に強くなりたいなら、他のどの書籍よりも役に立つDVDになっています。

基本の動きカテゴリの最新記事