初心者に多いソフトテニスで振り遅れる原因と簡単な対策_後衛編

初心者に多いソフトテニスで振り遅れる原因と簡単な対策_後衛編

ソフトテニスで後衛をしていて、振り遅れてしまってミスが多くなるという人もいると思います。

今回はそんな人たちに読んでほしい、振り遅れる原因と対策について解説します。

振り遅れるとは

まず、振り遅れるとはどういうことか説明します。

振り遅れるとは、ボールのスピードが思っていたよりも速くて、スイングが出遅れてしまうことです。

その結果、通常の打点よりも後ろでボールを打つことになります。

打点が後ろになるということは、力の入りにくい打点で打つことになるので、相手のボールを重く感じます。

さらに、ボールの飛んでいく方向も、自分が狙っている方向とかなりずれてしまいます。

そうすると、サイドアウトになったり、相手にとってチャンスボールになるようなボールになります。

振り遅れる原因と対策

それでは、なぜ振り遅れてしまうのでしょうか?

原因の一つは相手のボールが速すぎる場合ですが、実は、これが原因となることはほとんどありません。

相手のボールが速すぎることが原因で振り遅れるときは、相手がめちゃくちゃ速いファーストサーブを打った時とかくらいです。

それ以外の振り遅れというのは、相手のボールが速いことに原因があるのではなく、自分のプレーの仕方に原因があります。

つまり、プレーを改善することで、振り遅れることをかなり減らすことができるということです。

振り遅れの原因となるプレーとは、構え方です。

構え方といっても、テイクバックをとって、構えた状態ではなく、その状態になるまでの動き方です。

振り遅れる原因となる構え方は2つ

原因1「打点まで動いてから構える」

ボールを打つ位置まで、移動してから構えると、余計な時間がかかってしまいます。その結果、振り遅れてしまうのです。

これに対する対策は「打点まで動きながら構える」です。

ボールを打つ位置まで移動しながら、テイクバックを行います。

そうすることで、打点に移動した時点で、テイクバックが完了しているので、すぐにボールを打つことができます。

初心者の人は、以外とこれができていない人が多いです。

振り遅れることが多い人は自分のプレーを見直してみるといいかもしれません。

原因2「テイクバックのスピードをボールのスピードに合わせてしまう」

振り遅れることのもう一つの原因は、テイクバックのスピードをボールのスピードに合わせてしまうことです。

遅いボールに対してはゆっくりテイクバックをして、速いボールに対しては素早くテイクバックをする人がいます。

いっけん普通に見えますが、これが振り遅れの原因になります。

というのも、ドライブ回転のかかっているボールの場合、バウンドした後の方がスピードが速くなるからです。

バウンドする前のボールのスピードに合わせてテイクバックをしていると、バウンドした後のスピードについていけず、振り遅れることになります。

これを防止するためにも、テイクバックはボールのスピードに関係なく、できるだけ早く完了させた方がいいです。

そうすることで、ボールがイレギュラーなバウンドをした場合にも対応できます。

まとめ

以上が振り遅れの原因と対策になります。

振り遅れが多いという人は、いまいちど自分のプレーを見直してみてください。

ここに書かれていることと当てはまっている人が多いと思います。

そして、これに対する対策はだれにでもできる簡単なものなので、このページを参考にして、構えるまでの動きを改善してみてください。

 

後衛なら読んでおきたいそのほかの記事はこちら


そのほかのソフトテニス初心者におすすめの練習メニューはこちら

無名校を全国優勝まで導いた指導方法

CTA-IMAGE 野口氏はテニスコートすらない中学校でソフトテニス部を作り、数年後に全国大会優勝まで導いた指導者です。 監督として、 「全国中学大会 優勝」 「インターハイ 優勝」 「全日本シングルス 3位」 などの素晴らしい実績を持つ野口英一さんがソフトテニスで勝つための秘訣をDVD3枚で解説しています。 そして、DVD購入から6カ月間は野口先生に直接メールで質問・相談ができます!!全国制覇をしている監督に指導をしてもらえるチャンスです。 本当に強くなりたいなら、他のどの書籍よりも役に立つDVDになっています。

基本の動きカテゴリの最新記事