ソフトテニスのダブルス戦略「弱点をつく」

ソフトテニスのダブルス戦略「弱点をつく」

ソフトテニスのダブルス戦略その3は「相手の弱点をつく」です。

当たり前のことのように思えるかもしれませんが、できていない人が多いと思います。

ぜひ、この記事を読んで、自分ができているかどうかを確認してみてください。

相手の弱点を探す

相手の弱点を突くためには「相手の弱点を知る」必要があります。

相手の弱点を突くことができない人はこれができていない人が多いです。

相手の弱点を知るためにはいろいろなボールを相手に打たせる必要があります。

バックハンド、フォアハンド、ロブ、ショートボール、速い球、回転のかかった球、スマッシュ、ボレー。

テニスにはたくさんの種類のショットがあるので、すべてが得意だというプレーヤーは稀にしかいません。

速い球に対して、さらに速い球を打ち返してくるような人でも、遅い球を打ってやるとそれほど速い球を打てない人もいます。

フォアハンドがめちゃくちゃ強くても、バックハンドは弱い人もいます。

試合の序盤では、いろいろな種類の球を打って相手の弱点を探るのも戦略の一つでしょう。

相手の弱点を狙う

相手の弱点がわかったら、弱点を中心に攻めていきましょう。

バックハンドが弱点の相手だったら「ロブでもいいからバックハンドに打つ!」というように徹底するといいです。

すると、徐々にフォアハンド側が空いてきます。

そこで、ふいをついてフォアハンド側に打つと結構決まります。

ボレーのような前衛のプレーが弱点である相手はショートボール(短い球)を使って、無理やり前におびき出して、ネット際でプレーをさせるのが効果的です。

テニスはメンタルが大きく左右するスポーツです。

ずっと弱点をつかれているとメンタル的にも弱ってきます。

すると、得意だったはずのプレーもなかなかうまくできなくなります。

弱点を突くというのはこのようなメンタル的な効果もあります。

弱点を見つけるまでにポイントを失うというリスクはありますが、弱点を見つけることができれば簡単に逆転できるはずです。

また、弱点をつくことで無理することなく試合に勝つことができれば体力温存にもなります。

初心者の方は、自分の一番得意な球を打とうとしがちですが、その球が相手にとって一番打ちやすい球かもしれません。

ありがちなのは、速い球ばかり打つような人です。相手は意外とロブなどのほうが苦手な場合が結構あります。

ぜひ、「相手の弱点をつく」ということを頭に入れて試合をしてみてください。

こちらも参考にどうぞ⇒初心者のための練習法

そのほかのダブルス戦略はこちら


おすすめソフトテニス本&DVD

ソフトテニス 裕ちゃんの戦略の考え方

 

[中学生のためのSOFT TENNIS 70実戦練習パターン集]

無名校を全国優勝まで導いた指導方法

CTA-IMAGE 野口氏はテニスコートすらない中学校でソフトテニス部を作り、数年後に全国大会優勝まで導いた指導者です。 監督として、 「全国中学大会 優勝」 「インターハイ 優勝」 「全日本シングルス 3位」 などの素晴らしい実績を持つ野口英一さんがソフトテニスで勝つための秘訣をDVD3枚で解説しています。 そして、DVD購入から6カ月間は野口先生に直接メールで質問・相談ができます!!全国制覇をしている監督に指導をしてもらえるチャンスです。 本当に強くなりたいなら、他のどの書籍よりも役に立つDVDになっています。

ダブルス戦略カテゴリの最新記事