ソフトテニスのダブルス戦略「オーストラリアンフォーメーション」

ソフトテニスのダブルス戦略「オーストラリアンフォーメーション」

ソフトテニスのダブルス戦略を紹介する記事第2回は「オーストラリアンフォーメーション」です。

聞いたことがある人もいるかもしれないこの名前。別名「Iフォーメーション」です。

オーストラリアンフォーメーションとは

オーストラリアンフォーメーションはサーブ側が使う戦略です。

下図に示すようにサーブを打つ人(Aさん)も、前衛(Bさん)もコートの真ん中よりにかまえます。

戦略2

そして、サーブを打った後にお互いどちらかのサイドに動きます。

対戦相手は、こちらが動くまでどのコースにどんな球を打つか決められません。

これによって相手を惑わすことができます。

この戦略を行うためには事前に打ち合わせをして、「サーブを打つコース」「どちらに動くか」というのをペア同士で把握しておく必要があります。

さらにサーブを打つ人はしっかりと狙ったコースにサーブを打つことができる必要があります。

なかなか実戦で使用している人はいませんが、使いこなせればかなり強力な武器になります。

ただし、試合中ずっとにオーストラリアンフォーメーションを使用していると相手チームも慣れてくる可能性があります。

そのため、1ゲームに1回くらいの頻度で大事なポイントで使うと効果的です。

また、サーブを打った後、動く方向にさまざまなバリエーションを混ぜることで、相手を混乱させることができます。

例えば、バックサイドから相手のワイド側にサーブを打つとします。

そして、前衛は動かず後衛は右側に少し動くというような戦略も考えられます。

サーブをワイド側に打つことで相手のレシーブコースはある程度限定されます。

そうすることによって前衛は動かないでいいという状況も作ることができます。

戦略2-2

まだまだほかにもバリエーションはあると思います。

自分で独自のバリエーションを考えだし、使いこなして武器の一つにしましょう。

参考ページ⇒初心者のための練習法

そのほかのダブルス戦略はこちら


後衛なら読んでおきたいそのほかの記事はこちら


前衛なら読んでおきたいそのほかの記事はこちら

おすすめソフトテニス本&DVD

ソフトテニス 裕ちゃんの戦略の考え方

 

学生のためのソフトテニス上達DVD

 

[DVDブック これで完ぺき!ソフトテニス]

無名校を全国優勝まで導いた指導方法

CTA-IMAGE 野口氏はテニスコートすらない中学校でソフトテニス部を作り、数年後に全国大会優勝まで導いた指導者です。 監督として、 「全国中学大会 優勝」 「インターハイ 優勝」 「全日本シングルス 3位」 などの素晴らしい実績を持つ野口英一さんがソフトテニスで勝つための秘訣をDVD3枚で解説しています。 DVD購入から6カ月間はメールでサポートもしてもらえます。(ソフトテニスに関することならなんでも相談可能) 本当に強くなりたいなら、他のどの書籍よりも役に立つDVDになっています。

ダブルス戦略カテゴリの最新記事