ソフトテニス[ダブルス]で守備的なストロークを打つ際のポイント

ソフトテニス[ダブルス]で守備的なストロークを打つ際のポイント

ソフトテニスのダブルスでは後衛のストローク力が勝敗を決めることもあります。

ストロークの攻撃力が高いことはとてもいいことですが、常に攻めるというのは難しいです。

それに、攻撃がワンパターンだと相手も慣れてきてしまって、通用しなくなります。

時には守備的なストロークを打った方が効果的です。

そこで、今回は守備的なストロークを打つ際のポイントを紹介します。

守備的なストロークを打つタイミング

まずは、守備的なストロークを打つタイミングについて解説します。

守備的なストロークを打つタイミングは大きく2つあります。

相手の攻撃が強いとき

相手のストローク力が強く、こちらが強い球を打ち返せないときは守備的なストロークを打ちます。

無理に強い球を打とうとするとミスをする可能性があるので、よくありません。

また、速いボールを打ち返してしまうと、相手はあまり力を入れなくてもカウンターでさらに速い球を打つことができます。

これは相手の土俵で戦っているようなものです。こういう時はスピードの遅い、守備的なボールを打つことが効果的です。

遅い球を打つことで、こちらの態勢を整える時間も作ることができます。

こちらが強い球を打っても相手が返してくるとき

守備的なストロークのもう一つの使いどころは、相手がこちらの強い球に慣れてきたときです。

どんなに強い球を打てたとしても、ある程度のレベルの人になってくると、数回程度でボールのスピードに慣れて返してきます。

そんな時に、ペースを変えるためにスピードの遅い守備的な球を使うといいでしょう。

テニスのラリーではリズムというものも重要です。速い球の中に遅い球を混ぜることで相手はリズムをつかみにくくなります。

そうすることで、速い球がより効果的になります。

以上が、守備的な球を打つタイミングになります。

それではどのようなボールを打てばいいのか解説します。

効果的な守備的ボールとは

守備的なボールとはただスピードが遅いだけではだめです。

それでは前衛のポーチに狙われてしまいます。

スピードの遅い球を打つ時はしっかりとコースを考えて打つ必要があります。

それではどのようなコースに打てばいいのでしょうか?

それは「相手の前衛から遠いところに中ロブ」です。

中ロブとは、相手の前衛が少しジャンプしないと届かないくらいの高さのボールです。

ロブの場合は、完全に前衛が届かない高さに打ちますが、中ロブはジャンプすれば届くくらいの高さに打ちます。

そして、ロブよりも速い球を打ちます。

相手の前衛から遠いところというのは、相手の前衛が動かなければ届かないようなところということです。

この2つを満たすボールなら、前衛に取られることはほとんどありません。

このボールを前衛が取るためには、横移動+ジャンプが必要になります。

ポーチに出るときにそこまでやる前衛はなかなかいません。

「守備的なボール=前衛のいないコースへの中ロブ」ということを頭に入れて試合で使ってみてください。

後衛なら読んでおきたいそのほかの記事はこちら


無名校を全国優勝まで導いた指導方法

CTA-IMAGE 野口氏はテニスコートすらない中学校でソフトテニス部を作り、数年後に全国大会優勝まで導いた指導者です。 監督として、 「全国中学大会 優勝」 「インターハイ 優勝」 「全日本シングルス 3位」 などの素晴らしい実績を持つ野口英一さんがソフトテニスで勝つための秘訣をDVD3枚で解説しています。 DVD購入から6カ月間はメールでサポートもしてもらえます。(ソフトテニスに関することならなんでも相談可能) 本当に強くなりたいなら、他のどの書籍よりも役に立つDVDになっています。

ダブルス戦略カテゴリの最新記事