ソフトテニス初心者におすすめの前衛用練習メニュー

ソフトテニス初心者におすすめの前衛用練習メニュー

ソフトテニスのダブルスでは後ろでプレーする人を「後衛」、ネット際でプレーする人を「前衛」といいます。

このページでは、ソフトテニス初心者が前衛でプレーするための練習メニューを紹介します。

(1)ボレーの壁打ち練習

前衛の役目の一つとしてボレーがあります。ボレーとはネット際でボールをたたくように打つことです。

初心者の人は、まずはボレーの感覚を身につけるために壁打ち練習をおすすめします。

ボレーの壁打ち練習のやり方

まずは壁から1m~2mくらい離れたところに立ちます。

そして、壁の10cm~30cmくらい手前の地面でボールがバウンドするようにボレーを打ちます。

すると、ボールはちょうど顔の高さくらいに跳ね返ってくるはずです。

(跳ね返ってくるボールの高さはボレーの強さで調整します。)

それをもう一度壁の10cm~30cmくらい手前の地面を狙ってボレーを打ちます。

これの繰り返しです。

ボレー壁打ち

最初はなかなか回数が続かないかもしれませんが、慣れてくればたくさんできるようになります。

まずは5回、10回と目標回数を決めて練習するといいです。

この練習では、ボレーの基本的な打ち方を体に覚えさせます。

ボレーの壁打ちを簡単にできるようになれば、試合で通用するボレーが打てるようになっているはずです。

(2)スマッシュの壁打ち練習

前衛のボレー以外の役目としてスマッシュがあります。

スマッシュは確実に決めたいショットです。これを外されると、後衛としても精神的ダメージが大きいです。

スマッシュもボレー同様の壁打ち練習をすることができます。

まずは壁から2m~3mくらい離れたところに立ちます。

そして、壁の10cm~30cmくらい手前の地面でボールがバウンドするようにスマッシュを打ちます。

すると、ボールはちょうど頭上1mくらいの高さに跳ね返ってくるはずです。

(跳ね返ってくるボールの高さはスマッシュの強さで調整します。)

それをもう一度壁の10cm~30cmくらい手前の地面を狙ってスマッシュを打ちます。

これの繰り返しです。

スマッシュ壁打ち

ボレー同様、最初は難しく感じると思います。しかし、慣れてくれば簡単にできるようになるはずですので、頑張ってつづけてください。

ちなみにボレーもスマッシュも相手の前衛の足元を狙うとポイントを取れる可能性が最も高いです。

この練習を身につけることで、相手の前衛の足元を狙うことが簡単にできるはずです。

前衛なら読んでおきたいそのほかの記事はこちら
そのほかのソフトテニス初心者におすすめの練習メニューはこちら

無名校を全国優勝まで導いた指導方法

CTA-IMAGE 野口氏はテニスコートすらない中学校でソフトテニス部を作り、数年後に全国大会優勝まで導いた指導者です。 監督として、 「全国中学大会 優勝」 「インターハイ 優勝」 「全日本シングルス 3位」 などの素晴らしい実績を持つ野口英一さんがソフトテニスで勝つための秘訣をDVD3枚で解説しています。 そして、DVD購入から6カ月間は野口先生に直接メールで質問・相談ができます!!全国制覇をしている監督に指導をしてもらえるチャンスです。 本当に強くなりたいなら、他のどの書籍よりも役に立つDVDになっています。

前衛用カテゴリの最新記事