ソフトテニス初心者におすすめの一人練習メニュー

ソフトテニス初心者におすすめの一人練習メニュー

ソフトテニスを始めたばかりの初心者の時には、相手がいる練習メニューよりも一人で完結する練習メニューをすることがおすすめです。

なぜなら、相手がいる練習メニュー(たとえばラリー)をしても続かないため、あまり効果がないからです。

基本を身につけるまでは一人完結練習を中心に行いましょう。

それでは、おすすめの一人完結練習メニューを紹介していきます。

ソフトテニス一人練習メニューその1「素振り」

一人でやる練習メニューの王道といえば素振りでしょう。

素振りはあまり楽しくないかもしれませんが、初心者が上達するための練習メニューとしてはとても効果的です。

基本が身に付くのはもちろんですが、回数を増やすことで体力強化、筋トレにもなります。

初心者ですぐに上達したい人は、素振りをフォアハンド、バックハンドともに1日100回はするといいでしょう。

また、こちらのページでは効果的な素振りの方法を紹介しているので参考にしてみてください。

最近では素振りをより効果的にするためのグッズも販売されているので、普通の素振りに飽きた人はつかってみることをおすすめします。

ソフトテニス一人練習グッズ

ソフトテニス一人練習メニューその2「壁打ち」

こちらも王道の壁打ちです。

壁打ちといっても初心者は連続で打ち続ける必要はありません。

[自分で軽く上に投げたボールをワンバウンドさせて壁に向かって打つ]

[跳ね返ってきたボールをキャッチする]

これの繰り返しでいいです。

最初のうちは跳ね返ってきたボールを無理に打ち返したりしなくていいです。

まだフットワークも素振りの基本も身についていない状態で、跳ね返ってきたボールを打ち返そうとすると、

無理な打ち方になってしまい、変な癖がつく可能性があります。

連続した壁打ちは、ある程度ラリーができるようになってから行うことをお勧めします。

ソフトテニス一人練習メニューその3「サーブ」

3つ目はサーブです。

上二つはコート以外でもできましたが、今回のサーブはコートでやることをお勧めします。

ソフトテニスの試合はサーブが打てなければはじまりません。

試合において、最もやってはいけないミスの一つがダブルフォルトでしょう。

ダブルフォルトをすると、相手はなにもぜずにポイントがもらえます。

ダブルフォルトをするくらいなら、遅くてもいいからとにかく入るサーブを打った方がいいです。

サーブが入りさえすれば、相手がミスをする可能性も出てきます。

サーブが入らないと、相手がミスをする可能性は0%です。

そのため、ソフトテニスではサーブはとても重要です。

速いサーブも大事ですが、速いサーブを高確率で入れることは難しいです。

初心者がまず覚えるべきなのは、そこそこのスピードでコースをコントロールした確実に入るサーブです。

速いサーブよりもこちらの方が相手にとって脅威になります。

そのため、練習ではコントロールを重視して打ちましょう。

サービスエリア内にターゲットとなるものを置いて、ひたすらそれを狙いましょう。

最初はとにかく当てましょう。ゆっくりサーブでいいです。ターゲットも大きめでいいです。

大きめのターゲットに、ゆっくりサーブが当たるようになったら、ターゲットを小さくしましょう。サーブスピードは遅いままで大丈夫です。

これを繰り返していき、最終的にコーン4つくらいまでターゲットを減らしましょう。

4つのコーンに10回中6回か7回くらい当てられるようになれば合格です。

ここまできたら、ターゲットを一番大きいものに戻しましょう。

そして、サーブのスピードをあげて、同じことを繰り返します。

これの繰り返しです。

サーブ練習

反復練習で体にサーブを覚えさせることで自分の武器になります。

極端なことをいえば、ソフトテニスでは自分のサーブポイントをすべてとれば負けることはありません。

それくらい大事なので、参考にして練習してみてください。

ターゲットに使うコーンはこれがおススメです icon-thumbs-o-up ソフトテニスターゲット用おすすめコーン

そのほかのソフトテニス初心者におすすめの練習メニューはこちら

ソフトテニス本&DVD

無名校を全国優勝まで導いた指導方法

CTA-IMAGE 野口氏はテニスコートすらない中学校でソフトテニス部を作り、数年後に全国大会優勝まで導いた指導者です。 監督として、 「全国中学大会 優勝」 「インターハイ 優勝」 「全日本シングルス 3位」 などの素晴らしい実績を持つ野口英一さんがソフトテニスで勝つための秘訣をDVD3枚で解説しています。 DVD購入から6カ月間はメールでサポートもしてもらえます。(ソフトテニスに関することならなんでも相談可能) 本当に強くなりたいなら、他のどの書籍よりも役に立つDVDになっています。

初心者のための練習法カテゴリの最新記事