コートじゃなくてもできるソフトテニス練習メニュー

コートじゃなくてもできるソフトテニス練習メニュー

ソフトテニスを始めたばかりの時は豊富な練習量こそが上達への近道です。

しかし、テニスコートはそんなに簡単に使えません。

学校のコートや、公共のコートを使わないといけないので、家ではテニスコートを使った練習はできません。

家に帰ってもテニスの練習をしたい!という人たちのために、今回はテニスコート外でできる練習メニューを紹介します。

素振り

まずは、王道の素振りです。

これはソフトテニスを始めたばかりの人にとってとても重要な練習です。

いきなりきれいなフォームでラケットを振ることができる人なんていません。

みんな最初はぎこちない振り方になります。

それをきれいにスムーズにするための練習が素振りです。

素振りといっても、ただラケットを振ればいいだけではありません

初心者におすすめの練習方法のなかで、素振りの仕方について紹介しているので参考にしてみてください。

ボールつき

これは初心者の人が空いた時間などにやるといい練習です。

ラケットでボールをお手玉のように打ち続ける練習です。

この練習の良いところは、ラケットとボールさえあれば、部屋の中でもできるところです。

初心者のうちはボールとラケットに慣れるということも重要なことです。これはそのための練習になります。

慣れてきたら、ボールに回転をかけてみたり、究極はラケットのエッジ部分でボールを打ってみたりということにチャレンジするといいです。

ちなみに、ラケットのエッジ部分でボールを打ち続けるのは上級者でもかなり難しいです。

これができるようになれば、常にスイートスポットでボールを打ち続けられるようになるでしょう。

壁打ち

壁打ちも素振りと同じくらいコート外の練習としては王道です。

壁打ちといえば、ストロークの練習のように思っている人も多いかもしれませんが、ボレーやスマッシュも壁打ちができます。

ボレーやスマッシュの壁打ちはこちらのページで紹介しています。

壁打ちをやる前に一つ気を付けたいことがあります。

それは、フォームがある程度身についているかどうかということです。

フォームが固まっていない状態で壁打ちをやってしまうと、ボールを打つことに意識が集中して、フォームが崩れてしまいます

その結果、なかなかきれいなフォームが身に付きません。

壁打ちをやる場合は、素振りで基本的なフォームを身につけてからにしましょう。

部屋の中でボール打ち

部屋の中でボールを打つことは難しいです。

なぜなら、そんなに広い部屋はあまりないし、ものが置いてあり危ないからです。

しかし、ホームセンターなどで売っているものを使って、部屋の中でもボールを打つ練習ができる環境を作ることができます。

詳細はこちらの電子書籍に書いてあります➡テニス六畳間室内練習機自作マニュアル

電子書籍の内容を詳しく書くことはできないので、知りたい方は購入して読んでみてください。

部屋の広さは6畳あれば大丈夫です。

気になるのは練習中の音だと思いますが、ボールを打つ音以外はあまり音はしません。

たくさんボールを打つことが重要な初心者の方にはかなりおすすめです。

番外編 ゲームで戦略を磨く

私がテニス部に所属していた時に、意外とテニス上達に役立ったのが任天堂64のマリオテニスです。

当時は土日の部活の後などにみんなでマリオテニスをよくやっていました。

マリオテニスはキャラクターごとに打つボールの特徴が違います。

パワーボールを打つクッパやドンキー、トリッキーなボールを打つテレサやノコノコ、バランスのとれたマリオなど。

そして、どのキャラクターでも極めれば強かったです。

これは、実際のテニスにも通じます。自分のテニスの特性を理解して、それに合った戦略を立てることで、だれでも強くなれます

マリオテニスはその考え方を磨くのに非常に役に立ちました。

また、ゲームだとコート全体が見えている状態で、ボールを打つコースを選択するので、実際のテニスでは思いつかないような意外な戦略が見つかったりもします。

ということで、テニスコートで練習できないときは、たまにはゲームでテニスをしてみても面白い発見があります。

無名校を全国優勝まで導いた指導方法

CTA-IMAGE 野口氏はテニスコートすらない中学校でソフトテニス部を作り、数年後に全国大会優勝まで導いた指導者です。 監督として、 「全国中学大会 優勝」 「インターハイ 優勝」 「全日本シングルス 3位」 などの素晴らしい実績を持つ野口英一さんがソフトテニスで勝つための秘訣をDVD3枚で解説しています。 そして、DVD購入から6カ月間は野口先生に直接メールで質問・相談ができます!!全国制覇をしている監督に指導をしてもらえるチャンスです。 本当に強くなりたいなら、他のどの書籍よりも役に立つDVDになっています。

初心者のための練習法カテゴリの最新記事