練習グッズ(2)_サーブ素振り器

練習グッズ(2)_サーブ素振り器

練習グッズ紹介第2回は「サーブ素振り器」です。

サーブ素振り

このグッズで正しいフォームを身につければ、早いサーブだけでなくスマッシュも安定します。

いきなりボールを打つより、このグッズを使って正しいフォームを身に着けてから、ボールを打つ練習をすることを初心者の人にはお勧めします。

このグッズのいいところ

それはわかりやすいというところです。

しゃもじ部分が折れ曲がらないようにサーブを打つことができれば、正しいフォームで打てているということです。

初心者の人は速いボールを打つことに意識がいきすぎていて、変な打ち方になっている人が多いです。

これを使えば自分が正しいフォームかどうかもすぐにわかります。

注意点

このグッズを使う上で一つ注意することがあります。

それはサーブ・スマッシュを打つ時のラケットの握り方です。

ソフトテニスの場合、フォアハンド、サーブ、ボレー、バックハンド、スマッシュをすべて同じ握りで行います。

特に中学生の部活などではラケットを地面に置いた状態で上からグリップを握る握り方が主流だと思います。

いわゆる「ウエスタングリップ」です。

ウエスタングリップ

しかし、私はソフトテニスでもサーブとスマッシュの時だけは「イースタングリップ」を推奨します。

イースタングリップは包丁握りのようなやつです。

イースタングリップ

私自身、中学生の部活時代から、サーブとスマッシュはイースタングリップでした。

イースタングリップで打つことで、回転量やスピードがかなりよくなります。

そして、この練習グッズはイースタングリップでのサーブを前提としています。

なので、このグッズを使う場合はイースタングリップでサーブを打つということに注意してください。

こちらから購入できます⇒サーブ素振り器

 

無名校を全国優勝まで導いた指導方法

CTA-IMAGE 野口氏はテニスコートすらない中学校でソフトテニス部を作り、数年後に全国大会優勝まで導いた指導者です。 監督として、 「全国中学大会 優勝」 「インターハイ 優勝」 「全日本シングルス 3位」 などの素晴らしい実績を持つ野口英一さんがソフトテニスで勝つための秘訣をDVD3枚で解説しています。 DVD購入から6カ月間はメールでサポートもしてもらえます。(ソフトテニスに関することならなんでも相談可能) 本当に強くなりたいなら、他のどの書籍よりも役に立つDVDになっています。

練習グッズカテゴリの最新記事