ソフトテニスのルール

ソフトテニスのルールは最初は少しわかりにくく感じるかもしれませんが、とても簡単です。
このページではソフトテニスのルールと専門用語を図を中心にわかりやすく説明しています。

ダブルスの試合の流れ

まずは簡単な試合の流れを図に示しながら説明していきます。(Aさん・BさんペアVS Cさん・Dさんペア)

1試合は基本的に4ゲーム先取で行われます(4ゲームを先に取ったチームの勝ち)

1ゲームは4ポイント先取です(4ポイントを先に取ったチームの勝ち)

1ゲームの流れは次のようなかんじです。

ポイントはサーブから始まります。

まず、Aさんがフォアサイド側から対角線上の相手コートサービスエリア(Cさん)にサーブを打ちます。

ルール1

サーブの打ち方は自由です。対角線上のサービスエリア内にノーバウンドでボールが入ればOKです。

ちなみにサービスライン上でボールがバウンドした場合もサーブは入っていることになります。

テニスではサーブ以外のボールでもラインに少しでもボールが当たっていれば、そのボールは「イン(入っていること)」になります。

オンライン

ボールが一度ネットに当たって、サービスエリア内に入った場合はレット(ネットイン)となり、もう一度サーブをやり直すことができます。

レット

サーブは2回打つチャンスがあり、1回目のサーブをファーストサーブ、2回目のサーブをセカンドサーブといいます。

ファーストサーブが外れた場合(フォルトという)にセカンドサーブを打ちます。セカンドサーブも外した場合(ダブルフォルトという)は相手チームのポイントとなります。

サーブが入った場合は、そこからポイントが始まります。レシーバー(Cさん)はAさんの打ったサーブがバウンドした後に、2回目のバウンドの前に打ち返す必要があります。(ちなみにサーブを打ち返すことをレシーブと言います)。

レシーバーがレシーブしたボールを今度はAさんチームが2バウンドする前に打ち返します。サーブだけはバウンドした後でなければ打ち返せませんが、サーブ以外のボールはバウンドする前(ノーバウンド)でも打ち返してOKです。

Aさんがフォアサイドからサーブを打ったら、次にAさんはバックサイドから対角線上の相手コートサービスエリア(Dさん)にサーブを打ちます。その次はAさんがフォアサイドからサーブ、その次はバックサイドからサーブ…というふうにAさんがサイドを変えて、どちらかのチームが先に4ポイントを取るまでサーブを繰り返していきます。

ルール2

4ポイントを取ったチームがそのゲームを取ったことになります。

ゲームが変わるとサーブを打つ人も変わります。(次のゲームはCさんDさんペアのどちらかがサーブを打つ)

ポイントの数え方

ポイントの数え方はサーブを打ってるチームのポイントを先に数えます。

例えばAさんがサーブを打っていて、Aさん・Bさんチームのポイントが2、Cさん・Dさんチームのポイントが3の場合2-3(英語読みなのでツースリー)となります。

ポイント

1-1などのようにポイントが同じときは(ワンオール)となります。

ちなみに0はラブと読みます。なので、1-0の場合は(ワンラブ)となります。2-2の場合は(ツーオール)。

ゲームの最初はポイントは0-0ですが、(ラブオール)ではなくゲームカウントをコールします。

例えばゲームカウントが2-5の場合、(ゲームカウントツーファイブ)とコールします。

余談ですが、硬式テニスの場合はソフトテニス(軟式テニス)とはポイントの数え方が違います。ソフトテニスで0,1,2,3と数えるのが硬式の場合は0,15,30,40となります。

デュース

ポイントが3-3になった場合をデュースといいます。

デュースになった場合、2点差がつくまでゲームを続けます。

デュースの時のポイントの数え方は少し特殊です。

まず、3-3になったら(スリーオール)ではなく(デュース)といいます。

デュースの時にサービス側がポイントを取ったら、(アドバンテージサーバー)、レシーブ側がポイントを取ったら(アドバンテージレシーバー)となります。

「アドバンテージサーバーの時にサービス側がポイントを取る」または「アドバンテージレシーバーの時にレシーブ側がポイントを取る」とそのゲームが終わります。

もし、終わらなかった場合は再びデュースになります。

サーブ権の交代

1ゲームのなかでは決まった一人がサーブを打ちます。たとえば、最初のゲームはAさんがサーブを打ったとします。

1ゲーム目が終わると、2ゲーム目は相手チーム(Cさん・Dさんペア)の一人がサーブを打ちます。

2ゲーム目が終わると、3ゲーム目はBさんがサーブを打ちます。4ゲーム目は、(Cさん・Dさん)ペアのサーブをまだ打ってない方がサーブを打ちます。

そして、5ゲーム目は再びAさんがサーブを打ちます。

これを繰り返していき、どちらかのペアが6ゲームを取った時点で試合終了です。

ルールがわかったら次に読むべき記事

初心者におすすめの本とDVD

おすすめの上達DVDランキング
ソフトテニス上達革命

未経験者のみのソフトテニス部を2年で都大会優勝まで導いた指導者の指導方法をまとめたDVDです。
数々の伝説を残してきた指導方法は必見です。

NEXTstage

NEXTstage画像

試合に勝つことにこだわった教材です。「技術が高いこと」と「試合に勝てること」は別問題です。とにかく試合に勝ちたいという人は試してみてください。

ジュニア向け ソフトテニス上達DVD[90日以内に上達しなければ全額返金]

ジュニア向けソフトテニス上達DVD

元世界ランキングプレイヤーが教えるソフトテニス上達方法です。
初心者の人はもちろん経験者も学べることがたくさんあります。
90日以内に上達しなければ全額返金保証付きなので、試してみる価値はあると思います!

スポンサーリンク
koshiをフォローする
初心者のためのソフトテニスの始め方